シャドーハウス成長の機会の考察

シャドーハウス成長の機会の考察

今回はシャドーハウスにでてくるセリフ「成長の機会」について考察をしてみました。

このセリフはアニメだと5話での発言です!

いったい誰がどのような意図で言った言葉なのでしょうか…。

なおネタバレ含みますので、未視聴の方は注意してくださいね。

アニメ「シャドーハウス」は、Amazonプライムにて配信されています。

成長の機会は誰のセリフ?

このセリフを言ったのはミアです。

ミアはサラ様の生き人形で、すごく優秀で優しいイメージがあります。

このセリフを言った状況は、サラ様がミアの自室を煤だらけにし、エミリコから貰った人形の首をもいだあと

ミアはなんと自ら「成長の機会を与えてください」とサラ様にお願いして、折檻されてしまいます。

口にハンカチを咥える様子など、かなり慣れていますよね…。

ちなみにミアの背中は、折檻の跡で傷だらけ!

生き人形はシャドーの顔になるべくいる存在なので、個人的には異様な関係性であると私は思っています。


シャドーの人格を形成するのは…

シャドーは生き人形の近くにいることで人格を形成していきます。

そして10話でエドワードがラムが「おやすみのキスをしていなかった」ことを問題視していたので、おそらく触れ合いというのも人格に影響してくるのでしょう。

つまりサラ様の人格というのは、ミアに影響されて作り出されたものであるということになります。

生き人形に折檻しているというとサラ様がひどく感じてしまうのですが、人格に影響を与えているミアにも闇深い面があるのかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*