ツイステ考察  鏡の間の噴水

ツイステ考察  鏡の間の噴水

ツイステでは1周年を記念したPVが公開されましたよね。

じつはそのなかの描写で、少し話題になっているものがありますので、その真相を紹介していきます。

ツイステ考察というよりは、検証に近いかもしれませんが、鏡の間の噴水について調べてみました。

1周年記念PV

まずはツイステの1周年記念PVを見てみましょう。

PVの簡単な内容は写真のフラッシュで目と閉じたグリムが、ツイステキャラ達と絡んでいき、そして目が覚めると教室で居眠りしていたといった流れになっています。

いつのまにか居眠りしていたというオチは、なんだかアリスの世界観に通ずるものがありますよね。




鏡の間の噴水

今回少し話題になっているのは、最初のグリムが絵画のある廊下を歩いているシーンです。

じつはこの絵画の中に、鏡の間らしい絵があるのですが、その絵には噴水が描かれています。

普段ゲームでは噴水があるような描写がないので、一瞬あれ?となってしまいますよね。

しかしゲームでも噴水じつはちゃんとあるんです!

こちらはハロウィーンのときの鏡の間の背景なのですが、噴水が描かれていますよね。

ちなみに入学式のときも、噴水の頭が見えているので、ハロウィーン限定ではなく噴水があるのが通常時の状態ということになります。

いつも噴水の前にキャラクターの立ち絵が重なるので、見えなかったというのが答えということですね。




まとめ

今まで考察のために何度かストーリーを読み返してはいたのですが、まさか鏡の間に噴水があったなんて、今回のPVを見てなかったら今後も気づいていなかったかもしれません。

見ているようで見ていなかった描写があるということは、まだ見落としがあるかもしれないので、さらに注意深く物語を解釈していかなくてはと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*