はめふら2期6話のあらすじと感想

はめふら2期6話のあらすじと感想

アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」の第6話ひと夏の冒険をしてしまった…」のあらすじと感想を紹介します。

はめふら2期5話のあらすじと感想

アニメ「はめふらX」はAmazonプライムビデオにて配信中です。


あらすじ

ジオルド様に誘われて幼少期に訪れた王家の別荘に来たカタリナ。

まさかの2人きり…ではなくもちろんキースがついてきていて、アラン様から情報を得たメアリ達も大集合。

その別荘の近くにある森で、小さい頃幽霊がでるという噂があり、カタリナたちは幼少期の思い出をマリアに教えてあげるのでした。





カタリナとマリア

はめふらXの6話では別荘の森で天気が悪くなってしまい小屋で雨宿りするのですが、幼少期にカタリナたちが同じようなことがあったとマリアに話すお話になっています。

皆お笹馴染みではあるのですが、マリアだけは違いますよね…。

マリアのことを気遣うカタリナはさすがだなと思ったし、そんなカタリナだからこそマリアも好きなんでしょうね。

個人的にはマリアとカタリナの関係性がすごく好きなので、今回のお話でマリアが幼馴染のなかに自然に溶け込めているのがすごく嬉しくなりました!


アランとカタリナ

幼少期のアラン様は物凄く怖がりだったことが発覚!

カタリナも意外と前世から怖いものが苦手だったようで、この2人ってけっこう似たもの同士ですよね。

またアラン様は怖がりでも先頭にたって歩き、カタリナも幽霊と話そう!と怖いはずなのに提案をしました。

こういった性格なのもすごく似ているので、結ばれなくてもすごく良き友達のままでいられそうだなと思いました。

 


幽霊の正体は?

肝心な幽霊の正体は、泣いているカタリナと怒っているカタリナ母でした!

幽霊の噂がでたその年に、カタリナははじめて別荘にお呼ばれしたとのこと。

その声が幽霊だと噂になったんですね(笑)

なんとなく予想はしていましたが、さすがこの親子!





感想

個人的にはCパートで皆で花火を見る場面で、小さい頃のマリアが皆に混じっている演出がとても好きです。

幼馴染ではなくても皆と変わらないくらい、大事な存在なんだなと感じました。

以上、アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」の第6話ひと夏の冒険をしてしまった…」のあらすじと感想を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*