ゾンビランドサガ 1話のあらすじと感想を紹介!

ゾンビランドサガ 1話のあらすじと感想を紹介!

今回はアニメのゾンビランドサガの1話「グッドモーニング SAGA」のあらすじと感想を、公式から配信されている動画と一緒に紹介していきます!




あらすじ

時代は2008年、高校2年生になった主人公の源さくらは、アイドルの新人オーディション用の申込用紙の入った封筒を持って学校へ行こうとします。

なりたか自分になるっちゃ」そうして勢いよく家を出た瞬間に……ドーンっと交通事故に!

さくらはゾンビィに…

とある洋館でさくらは目覚めるのですが、少女のゾンビたち囲まれ外へ逃げ、警察官に助けを求めます。

ですがその警察官は、さくらの顔を見てびびりまくり!

なんとさくら自分もゾンビになっていたんです。

時代は2018年

さくら死んだのは10年前

そして「ゾンビィ1号として仲間たちと共に佐賀を救うんだ」とグラサンをかけた謎の男に言われます。

謎の男の名前は巽幸太郎で、「お前をアイドルにする男だ」と!

なんやかんやあってさくらが選んだ「伝説の女たち」とともにアイドル活動をすることになってしまいます。

他の少女ゾンビたちはまだ目覚めてない状態で、目覚めるには刺激が必要。

そこでいきなりライブをやることになります。

初ライブ

会場はメタル系ライブで、デスボイスやヘッドバンキングを繰り出すアイドルたちに大盛り上がり…が、たえ(伝説の山田たえ)がお客さんを襲撃!

順調にみえたライブは中止に…。

ライブが刺激になったのか、たえ以外のゾンビ少女たちも自我を取り戻します。

感想

転生もの名物である交通事故からはじまるこの物語!

テンポがかなり良いので、かなり時間がはやく感じられました。

そして何よりものクセの強さ(笑)

声優さんがもはやただの本人なのでは?というくらいマッチしていて面白かったです。

ただギャグのなかにもさくらが記憶をなくしていたり、それぞれゾンビになった少女たちがなで死んでしまったのか考察しがいのあるアニメでもあると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*