シャドーハウスのアニメ4話の感想とあらすじ

シャドーハウスのアニメ4話の感想とあらすじ

シャドーハウスのアニメ4話「深夜の見回り」のあらすじ、そして私の感想と考察を紹介していきます。

4話では亡霊騒ぎの原因が判明します!

どうしてめったに起こらない亡霊が出現してしまったのか気になりますよね。

シャドーハウスのアニメ3話の感想とあらすじ




あらすじ

まずは4話「深夜の見回り」のあらすじを紹介していきます。

先日の騒動の原因について“星つき”の“生き人形”・バービーによる取り調べが行われた。
その中で一方的に犯人扱いされたラム。バービーに口答えをしたエミリコとショーンはラムと共に原因を究明することになり、深夜に屋敷内の見回りを始める。
さんにんは果たして原因をつきとめることが出来るのか…?

引用:https://shadowshouse-anime.com/story/?id=04

感想

私の感想と考察を、簡単な物語のネタバレをしつつまとめました。

バービー

目つきが悪く頭にたくさんのリボンがついているバービーは星つきの生き人形。

バービーは生き人形をまとめるリーダー的な存在で、バービーのお影様は実力者!

ということは生き人形の星つきというのは本人の能力というよりも、お影様に力があることが条件なのかもしれないなと思いました。

というのも、バービーは腹を蹴ったりと荒っぽく、賢そうにはみえないからです。

ショーン

ショーンはバービーの邪魔をして目をつけられた新人の生き人形。

目が悪いふりをして助けたのかな?と思ったのですが、本当にかなり目が悪い様子。

無表情で淡々としているようなのですが、エミリコたちのぶんの毛布まで持ってきたりと優しい印象を持ちました。

ただ少し天然なようでバービーに「面汚し」と呼ばれたとき、振り返ってリッキーの方を見ていました(笑)

4話のなかでも好きなシーンですね。

ショーンは罠にいち早く気づいたりと、かなり察知する能力にも優れているようでした。

リッキー

バービーに口答えしたショーンを腹パンしたリッキー。

リッキーはショーンと同じ班の新人の生き人形で「同じ班の面汚しだな」と、じつはバービーよりも先にショーンのことを面汚し呼びをしています。

そんなリッキーの態度をバービーは気に入り「今回の新人で見込みがあるのは貴様だけだな」と褒めています。

リッキーが金髪でオールバックな髪型のせいか、ハリポタのマルフォイを思い出しました。

賢い選択ができるというイメージですね。

リッキーのお影様であるパトリック様も、リッキーとは対等な関係で話している感じがしました。




ラム

ラムはものすごくポンコツでバービーからは「一番の無能」と呼ばれてしまいます。

エミリコの班はすごく皆優しいのですが、ラムの班はそうではないらしく双子も「あそこまでダメな子は、どうせお披露目で落ちるから」と助けようとしません。

ラムはすごく小心者で人見知りをする性格みたい。

エミリコとショーンと見回りすることになったときも最初自己紹介をしなかったため、エミリコからは「ショーンじゃない方」と呼ばれていました。

ただラムがいなかったら亡霊騒ぎの原因はわからなかったので、いなかったらもっと大変なことになっていたかもしれません。

主人であるお影様ともあまりコミュニケーションがとれていない様子なので、お披露目が心配です。

消えたローブ様

じつは4話は原作から改変がされています。

アニメでは時間まで広間で眠ろうとするエミリコたちの前に、顔の見えない人形がやってきます。

ですが原作の漫画では「ローブ様」という謎の人物が登場し、3人についてきて亡霊騒ぎの原因を突き止めるときに一緒に行動を共にします。

そしてアニメではエミリコが地図を読んでサッと行ってない場所に向かったのですが、原作の漫画ではローブ様がススで通った道順を塗りつぶして行ってない場所を示してくれました。

私もYouTubeで公開されている公式の漫画を読んでいたので、この改変にはアレ?と思ってしまいましたね。

実際一部原作ファンから、このローブ様全カットの改変に関して炎上しています。

ただ作者から「1クールのまとまりを優先して回収できない部分は脚本のお願いをした」と発表されていて、2期以降が決まれば今後話の辻褄が合うように繋げていくとのこと!

つまりローブ様の正体が明かされるまでに時間がかかりすぎちゃうから、ローブ様がいなくても成立するシーンはカットしたということですね。

約ネバ2期のことがあったので心配だったのですが、原作者とアニメの製作陣がしっかり連携がとれているようなので安心しました。

ローブ様のためにも2期以降もやってほしいです。

ちなみにローブ様の正体は原作漫画の6巻の68話で明かされいるそうです。

気になるという方はぜひ読んでみてくださいね。

亡霊騒ぎの原因

亡霊騒ぎの原因設備不良でした。

ラムが顔の見えない人形が来たときに驚いで逃げ込んだ部屋の天井には扉があったのですが、その扉の蝶番が壊れていてススが漏れていたんです。

その扉の先には配管のようなものがあり、そこには各部屋から集められたススが通っていました。

つまり水道管のようなものですね。

蝶番が壊れてズレた扉から漏れたススが集まりこびりつきになってしまった…というのが亡霊騒ぎの真相でした。

ただここは「行ってはいけない」とミアが地図にメモしてくれていた場所。

掃除などの管理をしている人物は必ずいるはずなので、少し不可解ではあると思いました。

それにしてもやはりエミリコの機転はすごい!

布を使ってこびりつきを捕まえるなんて、とっさに思いつきませんよね。

バービーからは「お花畑」なんて言われていますが、自由な発想ができるエミリコだからこそ、いろんなことに気づくのでしょう。

やらなきゃいけないこと

エミリコが毎晩外の仕事をしていることに対して、不満のような不安のような感情でいるケイト様。

4話の最後で「ケイトにはやらなきゃいけないことがあるのよ」と独り言を。

つまりケイト様には何かしらの使命があるということですよね。

お披露目のことも気にしているので、お披露目に合格することが目的?とも思いましたが、もっと何か重いテーマがありそうだなと感じました。

ケイト様のやらなきゃいけないこと…すごく気になりますね。

5話ではついに「お披露目」がはじまるようなので楽しみです。

シャドーハウスのアニメ5話の感想とあらすじ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*