はめふら2期2話のあらすじと感想

はめふら2期2話のあらすじと感想

はめふらX第2話悪役になってしまった…」のあらすじ感想を紹介します。

アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」の2話は学園祭の劇のお話。

2話の最後には何やらトラブルも起きるようですよ。

はめふら2期1話のあらすじと感想

はめふら2期3話のあらすじと感想

アニメ「はめふらX」はAmazonプライムビデオにて配信中です。

あらすじ

生徒会メンバーが出演予定だった劇で、演者が1人怪我をしてしまいます。

そこでカタリナが急遽代役をすることに!

カタリナは無事に舞台を終えることができるのでしょうか。


カタリナが代役に!

生徒会の劇に出演予定だった方が怪我をしてしまい、カタリナが代わりに劇に出演することになります。

カタリナが演じるのは「主人公の意地悪な姉」で、劇の内容は現代でいうシンデレラに似ているお話。

劇の台本を担当したのはソフィア様で、マリア演じる主人公のマリアンヌはカタリナそっくり!

しかしトラブルをもちろんカタリナは起こします。

カタリナはカンペを扇子に仕込んでいたのですが、舞台に出たとたんに舞い落ちるカンペ。

そして案の定カタリナは舞台に上がった途端セリフがぶっとびます(笑)

舞台上にいたメアリ様がなんとかアドリブで踊りながらカンペをとろうとするのですが…。


カタリナの本領発揮

結局カンペはとれないまま、シーンはカタリナ演じるカタリーナが主人公のマリアンヌをいびる場面に。

脳内会議をするカタリナは、あることに気づきます。

ゲームのカタリナは悪役令嬢であるということに!

カタリナはアドリブでなんと悪役を演じ、見事その場を乗り切ります。

…ただそれがソフィア様の創作魂に火をつけてしまいました(笑)

なんとその場で台本を修正し新たなキャラクター「黒仮面の騎士」を登場させ、カタリーナとのラブロマンスを加えてしまったんです。

もちろん黒仮面の騎士を演じるのは、ソフィア様の兄であるニコル様

ちゃっかり衣装が準備してあったあたり、ソフィア様はずっと機会を伺っていたのではないでしょうか(笑)


カタリナが襲われる

2話の終わり「舞踏会がはじまる」と、女の子がカタリナを迎えに来ます。

その女の子のあとを、何の疑問を持たずついていくカタリナ!

すると突然後ろから布を持った手が伸びてきて、それはカタリナの口に。

ここで2話は終わるのですが、おそらく状況的に騙されて誘拐されてしまったと思われます…。

3話がどうなってしまうのかハラハラしますね。


感想

舞台上でのカタリナの悪役ぶりはさすがでした!

個人的には生き生きとしてソフィア様や、有能なのにポンコツ感のあったアラン様もとても好きです。

2話の最後で襲われてしまったカタリナはいったい誰に…。

1話と2話と平和だったので、3話からが心配ですね。

以上「はめふら2期2話のあらすじと感想」の紹介でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*