はめふら2期感想とあらすじ【12話】最終回

はめふら2期感想とあらすじ【12話】最終回

2021年夏アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」の第12話「卒業式がやって来てしまった…」のあらすじと感想です。

キースを誘拐した犯人は、サラと名乗る女であることが魔法省で判明。

サラは闇の魔力で、トマスや屋敷の所有者を操っていました。

ブログの最新記事はコチラ

サラ

キースを誘拐した犯人であるサラは、幼少期ディーク公爵家によって買われ闇の魔力与えられたかもしれないことが判明しました。

ディーク公爵家といえば、ラファエルによって告発された家。

ラファエル親子だけでなく、買ったり誘拐してきた孤児に闇の魔力を与えていました。

サラはそのなかにいた子だとされていて、おそらくソラもそこで闇の魔力を与えられてしまったんでしょうね。

子供たちは事がバレないように始末されたとのことなのですが、ソラやサラがいるということは、他にも生き延びた子がいるかもしれません。

サラは自ら進んで実験などをしているので、闇の魔力を積極的にこれからも使っていきそうな印象があります。

ちなみにカタリナが露天で買ったあの装飾品は、闇の魔法道具で、闇の魔力の気配を感じ取れるそう。

カタリナは闇の使い魔を使役できたこともあって、卒業後は魔法省に入省することになりました。


卒業とかわいい後輩

カタリナたちは2年間通った学園を卒業、そしてまずは学園のパーティーに出席します。

そこでは後輩たちがカタリナたちに花束をくれました!

なかでもジンジャーはカタリナのために、一生懸命考えてお菓子束をプレゼント。

ツンデレでかわいいですよね。

この日はお城での卒業パーティーもあったのですが、ジンジャーは着ていくドレスがないということで欠席すると……。

カタリナはそれを聞いて、ジンジャーに自分のピンクのドレスを貸してあげることにしました。

それを聞きつけたメアリやソフィアの反応が予想通りで面白かったです!

ジンジャーのドレスもすごく可愛かったので、ぜひ見てほしいですね。


お城のパーティーと夢

お城のパーティーでは、今まで登場したキャラが勢揃いしていて、まさに最終回といった演出でしたね。

カタリナたちはそのままお城でお泊り会をするのですが、キースとのちょっとドキドキするシーンもありました。

その日の夜カタリナは、あっちゃんがなんとゲームの続編である「FORTUNE・LOVER Ⅱ」をプレイしている夢を見ます。

この続編はカタリナが国外追放ルートの世界のようなのですが、それよりも重い刑罰になるんだろうなと、あっちゃんは言っていましたね。

ゲームのカタリナらしき人物は黒いマントを被っていたので、本来はカタリナだった場所にサラが配置されたのかなと思いました


感想

魔法省にマリアと共に入省したカタリナは、夢に見た通りの攻略対象と出会ってしまいます。

まだカタリナはラーナスミスの正体にも気づいていないので、知ったときの反応が楽しみ!

はめふらは2021年12月現在まだ時期は未定なのですが、映画化が決定しています。

映画内容がどうなるのかはまだわからないのですが、おそらく続編は3期でアニメ化するとは思います。

映画もアニメもこれからの情報が楽しみですね。

以上、2021年夏アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」の第12話「卒業式がやって来てしまった…」のあらすじと感想でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*